下腹部のしこり

膣式子宮全摘出術

お腹を切ることなく子宮筋腫を取ることができる治療方法として「膣式子宮
全摘出術」があります。子宮筋腫によって子宮の大きさがあまり大きくなっ
ていなければ、この手術方法を用いて開腹しないで子宮を摘出することがで
きるためお腹に傷が残りません。
腹腔鏡を使いながら膣式に子宮を全摘する「腹腔鏡下膣式子宮全摘術」もあ
ります。この手術方法は、先ほどの膣式子宮全摘出術よりも腹腔鏡で中の様
子を確認しながら手術を行えるため安全性が高い治療方法となっています。
腹腔鏡による補助があることによって膣式子宮全摘出術ではできない人の
手術をすることも可能となります。しかし子宮筋腫核出術の場合は、一般的
に膣式ですることはできません。この場合は開腹して手術するしかないため、
お腹に傷が残ってしまうことは覚悟しなければいけません。
最近は手術方法も進歩しています。そのため腹腔鏡による筋腫の核出術を試
みる施設もあります。子宮鏡を使って筋腫の核出術を試みる施設もあります。
できる限り患者さんの体に負担が少なくできるように様々な試みが行われ
ています。
しかしまだ公的な一部の施設だけで行われているだけなので、一般的に広ま

っている治療方法ではありません。この手術方法が適合する条件も関係して
います。
現時点でお腹を切ることなく子宮筋腫をとることができる手術は、子宮の大
きさがこぶし大前後までのものに限られています。しかも子宮を全摘する場
合にしか対応していないため、核出術は行えません。
病院によって、「腹腔鏡下膣式子宮全摘術」や「腹腔鏡下筋腫核出術」を考
慮してくれるところもあるかもしれませんから、手術方法について事前に確
認しておいたほうがいいと思います。
膣式子宮全摘出術